読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All For You

What you don't know is what you are to know

Android版『スーパーマリオラン』を装ったマルウェアが登場。Androidユーザーは気をつけて

Sponsored Link



モバイルゲームが公式にリリースされるよりも前に、APKファイルというものがネットに上がることがあります。APKファイルはAndroidのソフトフェア(Windowsの.exeみたいな感じです)で、これをダウンロードすると、Google Play Storeを介さずに目的のソフトがインストールできてしまいます。


スーパーマリオランを装ったAPKに注意

今回の『Super Mario Run/スーパーマリオラン』に関しては、2016年12月18日現在、任天堂はiOSデバイス向けのリリースしかしていません。



Androidユーザーの一部がスーパーマリオランを求めてAPKデータベースやフォーラムで検索したところ、スーパーマリオランを装ったウイルスやマルウェアが見つかったとのことです。


Android版スーパーマリオランのリリースはまだ無し

KO Player(※リンク先で絶対にダウンロードしないてください)といった不正ソフトのサイトではすでに『スーパーマリオラン』のAPKを謳うファイルがアップロードされています。



サイト上では「Samusng Galaxy、LG V20、Google Pixelでスーパーマリオランがプレイできるようになる」と言っていますが、中身はウイルスかマルウェアなので注意してください。



アークサン・セキュリティのアーロン リント氏によると、「任天堂は今アプリに進出し始めたところなので、スーパーマリオランはハッカーたちの絶好の標的になるでしょうね。(Androidユーザーといった)これからダウンロードする人たちもたくさんいます。ポケモンGOの時のように、これからたくさんフェイクアプリやマルウェアが登場すると思います。」



もし任天堂がAndroid版スーパーマリオランをリリースしたとしても、Google Play Store以外からインストールするのはやめましょう。ハッカーがデータをトラッキングするようなコードを埋め込んでいる可能性があります。



と言っても、海賊版で無料プレイをしようとする人はたくさんいるでしょうが。



任天堂は不正なプレイができないようインターネット認証を導入していますが、それもいずれはクラックされる可能性が高いです。



リント氏は「海賊版をインストールすれば無料でプレイできてしまう」と言います。



Androidユーザーは公式のリリースをしばらく待った方がいいみたいですね。


Sponsored Link


翻訳元