All For You

What you don't know is what you are to know

復刻版海外ファミコン「NES Classic Edition」が再入荷!時期は?日本での発売は?

Sponsored Link

再入荷の目処が立つも、入荷量は少なめ

世間を騒がせた復刻版ファミコンNES Classic Edition」ですが、現在は在庫切れで入手困難となっています。そのNESがなんと来週には再入荷するそうです。



NES Classic Editionは1985年に発売した元祖ファミコンの復刻版です。しかも、スーパーマリオゼルダの伝説などの任天堂の人気シリーズ30作品をプリインストールした形で発売されました。


NESBest Buyで12月20日から購入可能になるそうですが、なんとオンラインの発売はせず、直営店で先着順で販売となりました。数も限られているので、結構絶望的かも・・・?


スポンサーリンク


NESの歴史


任天堂は米国版NESを11月10日にリリースしました。価格は現在60$(6,926円)と比較的安価で、昔のゲームを楽しみたい人や最近の洗練されたグラフィックのゲームに興味がない人を対象にしています。


今回NESに搭載される30のゲーム(転載元とは異なります)



任天堂ファミリーコンピューターはゲーム産業を大きく盛り上げた先駆者でもあります。発売当時は、ゲーマーたちがコンシューマーゲームやアーケードから離れ、他の娯楽を求めていった、いわばゲーム産業の不況期だったからですね。



その不況の中で家庭用ゲーム機を発売する任天堂はアナリストの目にはバカなことをしていると映りました。しかし、先に挙げたスーパーマリオなどの超ヒットシリーズによって、ソニーセガをはるかに上回る売り上げを記録してみせたのです。



復刻版ファミコンNES Classic Edition」


任天堂はその成功をいかし、NES Classic Editionを発売するにいたりました。NES Classic Editionはファミコンと同デザインながらも、やや小さくなり、カートリッジの互換性を廃止しました。その代わりに、30の人気シリーズがプリインストールされています。また当時のファミコンと違い、HDMIでディスプレイに接続するのが特徴です、



先月、NES Classic Editionは発売されてすぐに全世界で売り切れてしまいました。オークションでは100$も価格が釣り上げられているそうです。いつ任天堂が追加で発売してもすぐ売り切れてしまうのが現状です。先週もUrban Outfittersでも同様のケースがあったので、今回も入手は難しいかもしれません。




クリスマス商戦に備えてなんとか手にしようとしている人もいるようですが、12月20日も一瞬で売り切れることが予想されます。



ですが、任天堂の発表によると2017年の始めにはNESの供給が安定するそうなので、楽しみにしている人は来年まで待ったほうがいいかも?


NES Classic Editionにプリインストールされるゲーム

違う記事ですが、NESに搭載されるゲームのリストを引用します。(引用元まさかの新型ファミコンNES Classic、内蔵ゲーム30本リスト。マリオ・ゼルダにロックマン、グラディウス、ファイナルファンタジーまで - Engadget 日本版

Balloon Fight™ バルーンファイト
BUBBLE BOBBLE バブルボブル
Castlevania悪魔城ドラキュラ
Castlevania II: Simon's Quest™ ドラキュラII 呪いの封印
Donkey Kongドンキーコング
Donkey Kong Jr. ™ ドンキーコングJR.
DOUBLE DRAGON II: THE REVENGE ダブルドラゴンII ザ・リベンジ
Dr. Marioドクターマリオ
Excitebike™ エキサイトバイク
FINAL FANTASY® ファイナルファンタジー
Galaga™ ギャラガ
GHOSTS'N GOBLINS® 魔界村
GRADIUSグラディウス
Ice Climber™ アイスクライマー
Kid Icarus™ 光神話 パルテナの鏡
Kirby's Adventure™ 星のカービィ 夢の泉の物語
Mario Bros. ™ マリオブラザーズ
MEGA MAN® 2 ロックマン2
Metroid™ メトロイド
NINJA GAIDEN 忍者龍剣伝
PAC-MANパックマン
Punch-Out!! ™ Featuring Mr. Dream パンチアウト!!(マイクタイソンではないバージョン)
StarTropics™ (日本未発売の任天堂内製RPGパンチアウト!!やハードウェア開発で知られる竹田玄洋氏(現・代表取締役技術フェロー)がディレクター兼 脚本を担当)
SUPER C™ スーパー魂斗羅
Super Mario Bros.スーパーマリオブラザーズ
Super Mario Bros. ™ 2 (おそらく『スーパーマリオUSA』)
Super Mario Bros. ™ 3 スーパーマリオブラザーズ3
TECMO BOWL テクモボウル
The Legend of Zeldaゼルダの伝説
Zelda II: The Adventure of Link™ リンクの冒険

翻訳元