All For You

What you don't know is what you are to know

遊ぶ金欲しさに治験に参加したら〜1日目〜

Sponsored Link



先日、治験ボランティアの検査に行ってきました。



治験とは、

医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験

のことです。簡単に言うと、まだ市場に出てないお薬を飲んで異常がないか調べる試験ですね。



この治験ボランティアですが、ボランティアとは言うもののほとんどバイトと変わりありません。バイト代が礼金、時給が負担金と言い換えられてるようなものです。(大人の事情です)



普通、バイトは実働時間に対して時給が発生しますが、治験では拘束時間に対して時給が発生します。なので、時給800円で拘束時間24時間だと、1日で19,600円稼げるわけです。



そんな高収入バイトに惹かれ、遊ぶ金が欲しかった私は気づいたら参加の申請をしていました。



スポンサーリンク



遊ぶ金欲しさに治験に参加したら、フリーターが彼女ヅラだった

フリーターとの出会い

数日遡って検査の日。治験の説明を受けた際、スタッフさんから「治験をただの有償ボランティアと思わないで欲しい。あなたたちの参加によって薬が完成し、助かる命がある」との話をしてもらいました。



完全にお金のことしか考えていなかった私は、自分を恥じ、お金のためじゃない、医療の未来のためだ、と心新たに治験に参加しようとしていました。



そんな神妙な気持ちになったところで、突然隣の若い男性が話しかけてきました。



「今回の治験ちょっと安いわ!残念だね〜。君大学生?俺みたいにプラプラしてる人にはちょうどいいんだよね〜治験!」



さっきまでの神妙な気持ちを返して欲しい。ていうか、病院の人もいるんだからそんな大声で言うな、仰々しくしろ。



自称フリーターの男は治験に詳しいようだったので、どんな施設があるのかとか入院で必要なものは何かとか色々聞いておきました。


ドキドキの1日目

そして検査に合格し、無事治験参加が決まりました。私が参加した治験は1週間以上かかる長めのやつです。(謝礼金等についてはまた後ほど書きます。)



指定時刻に決められた場所に集合。下着以外の服は渡されるそうで、荷物はほとんどありませんでした。治験の種類によっては絶食する必要があるそうですが、今回は必要なかったようで安心です。



到着すると改めて治験の内容について説明を受け、2回目の同意を求められました。一応命に関わることなので、インフォームドコンセントが大事なんだと思います。



そのときに改めて謝礼金等の説明を受けましたが、やはり治験のお金はスゴいです。まず治験の検査に行くだけで交通費の数倍〜10倍近くの負担金を出してくれます。



入院する場合は拘束時間に対し700〜900円/時間、通院の場合も10,000〜15,000円/回の謝礼金がもらえます。2泊3日の入院なら30,000〜40,000円が相場です。



終わった後の謝礼金に心躍らせていると、アイツを発見しました。


フリーターとの再会

例のフリーターがいました。どうやら彼も治験の検査に通ったみたいです。彼は私を発見すると爽やかに「よろしく!」と声をかけてきてくれたので、とりあえず数日間話せる人がいるんだと安堵しました。



説明が終わると、参加者は20人くらいの相部屋に案内されました。自分のベッドと机、鍵付きロッカーが準備されていますが、特にプライバシーの保護みたいなものはないようです。



隣のベッドを見ると例のフリーターがすでにくつろいでいて、
「隣?よろしく!あ、そのロッカー使っていいよ!水飲みに行こうぜ!」
と怒涛の勢いで話しかけてきました。



フランクな人だなぁと思っていると、
「今の子って音楽何聴くん!?ドラマ何見てるん!?人気な女優って誰!?トイレ行こうぜ!」
と疑問符のラッシュ。



私たち以外には病室で話してる人いないんですよね。この会話すべて周りに聞かれているのかと思うと若干死にたくなりながら返事を続けると、
「どこ出身!?方言とか喋ってよ!何のスポーツやってたの!?ご飯行こうぜ!」



お前は彼女か。



会って2日目のやつにどんだけガツガツ行くんだと。こっちが明らかに困惑しているのを察してくれよと。



「やっぱガッキー可愛いですよね」とか全部周りに丸聞こえなんだぞ!!ガッキーよりもこっちが逃げたいわ!!



10秒くらい間があいて、やっと解放されたかと安心したところでまた質問の連打。会話できる人がいてよかったと一瞬思いましたが、頼むから一人にしてくれ


フリーターと話してたら1日目が終わった

自由に使える1日目を有意義に使ってやろうと考えていたら、フリーターとのおしゃべりで終わってしまいました。



寝る時間になると強制消灯なのが集団生活の掟とはいえ結構辛かったです。10時半に寝るなんてここ最近してこなかったのでなかなか難しいです。



治験を終えたらお金を何に使うか考えながら眠りにつきました。



スポンサーリンク



最後に


1日目は、治験に参加したら、フリーターが彼女ヅラだったお話でした。謝礼金・負担金の紹介もさせてもらいました。


2日目では件のフリーターに事件が起こります。あと漫画コーナーやパソコンコーナーがどんな感じだったかも紹介したいと思います。それでは〜。