読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All For You

What you don't know is what you are to know

京大化学の参考書は4冊でOK。実際に使ってみて本当に役立った参考書だけ紹介

Sponsored Link



京大化学の問題形式は基本的に穴埋め問題です。解答は語句や計算結果のみな上、時間の割に問題の量が多いので、高度な計算力、読解力、思考力が問われます。



大問4つの構成で、理論分野、無機分野、有機分野(構造決定)、有機分野(高分子)が出題されるのがほとんどです。設問全体の半分が有機分野に占められており、理論と無機は複合的な問題が出るのも京大化学の特徴です。



頻出分野は、理論が化学平衡、無機がほぼ範囲全体、有機が構造決定異性体天然・合成高分子化合物です。特に化学平衡と有機に関しては超頻出で、試験までには確実にマスターする必要があります。




スポンサーリンク



京大化学対策と実際に使った参考書


京大化学に重箱の隅をつつくような問題や奇をてらった問題はあまり出題されません。基礎的な内容の理解度を計るための出題が多いです。



まずは基礎知識を固めるために基本的な参考書や問題集をやりきるのが良いです。その際、ただ暗記するのではなく、基礎知識が持つ意味を追求することが重要です。



教科書をしっかり読み込むのも良いですが、それでは深い理解ができないと思う方には化学の新研究といった詳細な参考書を読むことをオススメします。暗記ではなく「なぜ」をしっかり理解することです。



私が京大受験のために使った参考書・問題集は計4冊です。実際、基礎的な内容の理解にはそこまでたくさんの本はいらないと思いました。京大には基礎的な事項の理解が必須なので、化学が苦手だと思っている人はまず簡単な問題集から解いてみるのがいいと思います。



リードα 化学基礎


高1、高2のころに、初めて習う分野の学習のために使っていました。学校で渡されたものですが、初学者には問題量、難易度ともにちょうどいいです。計500問超、A(超基礎)〜D(受験の準備)のレベル分けがされています。



典型問題を多く扱っているので、始めての分野と復習に使えます。私は高3の春のときに今までの分野を総復習しようと改めて1周しました。





化学の新研究

内容紹介

難関理系向け「化学」参考書のベストセラー。
教科書本編の一字一句を徹底的に詳しく研究、解説。
内容重視の方針を貫き、まとめ・覚え方・整理などの欄を極力省き、その分はすべて解説にあてている。
多くの教科書で行われている系統的・標準的な単元配列を採用。

参考書界の中で一番分厚いと思われる参考書です。高校化学もちろんのこと、大学でならう化学まで網羅している凄まじい内容量です。



教科書で教えてくれることを超詳しく解説してくれます。むしろ解説が多すぎと思うほどなので、すべて読もうと思うと、1年以上かかるかもしれません・・・。わからない範囲が出てきたときに新研究を参照して、理解度を深めるのが一番効率が良いと思います。



京大化学に一番必要な基礎的な内容の深い理解が確実に達成できる参考書なので、化学習い始めから受験直前まで通年使い通せます。




化学の新演習

内容紹介

最近の大学入試問題から、今後も類似の問題が多く出題されると思われる頻出問題、比較的長文で実力強化に役立つと思われる重要問題331題を厳選し、約10%の問題はそのまま掲載し、残りは問題どうしの重複を避けるため、またスムーズな学習を可能にするため、丁寧にアレンジを加えて収録。各問題には3段階で難易度を表示。

新研究と同じ作者の出している問題集で、新研究と同じく解説が豊富なことが特徴です。一通り基礎問題を終えた後の発展的な問題集としてオススメです。



化学の新演習には高校化学のすべてがほぼ詰まっていると言っても過言ではないです。最低でも3周ほどすれば、大体の問題が解けるようになっています。



解説が死ぬほど詳しいので、新研究と合わせて使用することで、化学の膨大な知識が体系付けられていきます。3周も終わったころには、苦手だった無機も得意になっていましたし、難しい理論の問題にも慣れていきました。



夏あたりから始めて、センター直前になるまではひたすらこの問題集を解いていました。





京大の化学 25ヶ年

京大化学の過去問25年分を集めた参考書、通称赤本。赤本の目的は、傾向を把握し、時間配分の感覚を覚えることにあると思うので、注意が必要です。良問は多いですが、赤本を解けば良いというわけではないと思います。



新研究と新演習を一通り解き、自信が出てきた分野から赤本で実際に問題を制限時間内で解く、という使い方をしていました。理論や無機は独特の問題設定が多く、有機分野では典型問題が多いと感じました。



赤本の解説はそこまで親切でないので、わからないところがあれば、また新演習等に戻って総復習することをオススメします。





最後に

京大理系英語、理系数学、国語の参考書と問題集についての記事もあるのでそちらもどうぞ。