All For You

What you don't know is what you are to know

【作業用BGM】勉強したい、集中したい時にオススメの音楽11選

Sponsored Link


勉強や作業に集中したい時、音楽を聴くようにしているという方、多いですよね。私もその1人で、静かすぎるのも気になってしまうし、他の人の会話がよく耳に入ってくるタイプです。


お気に入りの歌や曲を聴いていると、外界をシャットアウトして自分だけの世界に閉じこもることができて、作業がすごく捗ります。そんな自分の世界に浸れるような作業用BGMをたくさん集めたのでぜひ聴いてみてください。


スポンサーリンク


勉強したい、集中したい時にオススメの音楽

Cheat Codes - Queen Elizabeth

最近のエレクトロダンス・ミュージック界を賑わすCheat Codesのポップでキャッチーな一曲です。うるさくなさすぎず、それでいて心をぐっと掴んで離さないメロディアスさがたまりません。変にテンションが上がってしまいそうですが、気持ちのいい爽やかなBGMとなりそうです。

James Arthur - Say You Won't Let Go

イギリス版のど自慢大会「X Factor」での出演をきっかけに一躍有名になったJames Arthurのバラード曲。彼の語りかけるような歌声に、疲れた心も癒されるはず。作業を邪魔しないボリューム感で、きっといい集中をもたらしてくれます。

Passenger - Let Her Go

こちらもしっとりとしたバラード曲です。どこかで聴いたことがあるかもしれません。というのも、これ世界で累計12億回再生されているというレジェンド級の楽曲です。静かなBGMを探している人にはぴったりの歌で、何度聴いても飽きません。

Mat Kearney - Ships In The Night

光の中に漂っているような不思議な世界観を持った一曲。頭の中に軽やかに響き渡る高音とMat Kearneyの歌声がマッチして小気味いいサウンドになっています。バラード系の曲と違い、自分の世界に浸って独特な雰囲気を味わいたい方へ。

Owl City - Fireflies

同じく不思議な世界観を持った曲をたくさん産み出しているOwl Cityの代表曲Firefliesです。タイトルは「ホタル」の意で、曲の始まりからホタル飛んでる感が満載です。私は、深夜森の中の小川近くでホタルが歌ってるのをイメージしています。SFやファンタジーの小説を読んでいる時に聴くと、現実とフィクションが混ざるような感覚がして心地よいです。オススメです。

One Direction - Little Things

受験勉強のときに良く聴いていた歌です。ワンダイレクションの歌声はみんな優しく、作業を邪魔しないので気に入っています。勉強しているときにギターの音が目立つと集中が途切れてしまうのですが、これまた優しいアコギで癒されます。

Backstreet Boys - I Want It That Way

どこかで絶対に聴いたことがあるあの曲、バラード調なのですがちょっぴりエレクトロな感じで、つい口ずさんでしまいます。作業に疲れたときに気持ちを明るく切り替えてくれるような、集中を復活してくれるような、そんな元気になれる一曲です。

The Hotpantz - Nowhereland [Type A]

Spotifyでシャッフル再生していたら、突然この曲が流れ出し、英語と日本語が溶け合っているような不思議な世界観に一瞬で魅了されました。本当に何回も聴かないと何語を話しているかもわからないほどです。それでも繰り返し聴きたくなる、没入感がハンパじゃないです。

LMFAO - All Night Long

DJ界のレジェンドLMFAOには珍しいダウナーな一曲。強く主張してくる音が少ないので、集中を継続したい時のBGMとして活躍します。

Maroon 5 - Sugar

Let Her Goにも勝る、通算16億再生という化け物じみた偉業を達成した名曲です。Maroon 5は他にもPayphoneMapsなど数々のヒット曲を産み出しています。どれも落ち着いたメロディラインが素敵ですね。作業用BGMとしてどうぞ。

Bullet For My Valentine - Road to Nowhere

普段バリバリのメタル曲を歌うアーティストとは思えない、かっこよくも優しいバラード曲です。メタルにありがちな退廃的な雰囲気は残っていますが。(笑)イントロから最後までずっと続く穏やかなギターが心地良いです。普段のプレイリストにクールなバラードを追加するのはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


最後に

いかがだったでしょうか。他にも色んな音楽記事があるのでそちらもどうぞ。