読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All For You

What you don't know is what you are to know

世界一過酷なヨットレース「ヴァンデ・グローブ」で1人闘う日本人・白石康次郎氏

Sponsored Link


白石康次郎氏の順位は以下のリンクでチェック
http://tracking2016.vendeeglobe.org/hp5ip0/


ヴァンデ・グローブ (Vandée Globe)とは4年に一度開催される、単独・無寄港・無補給で世界一周を目指すヨットレースです。


本来10人以上で操船する巨大なヨットを1人で操り、強風と荒波の中を100日以上かけ帆走するので、世界一過酷なレースとも言われています。


ヴァンデ・グローブにおいては単独・無寄港・無補給ということで、外部からの援助が一切受けられません。


怪我や病気のときに医療アドバイスを受けることだけ許されていますが、毎年多くの棄権者を出します。なんと完走率55%

スポンサーリンク



アジア人初の完走を目指す白石康次郎氏


白石康次郎氏は26歳のときにヨットによる単独無寄港無補給世界一周の史上最年少記録(1994年当時)を樹立した経験のあるベテラン海洋冒険家です。


今回のヴァンデ・グローブ参加にあたって、当時の船の名前を受け継いだ『スピリット・オブ・ユーコーIV』に乗船します。



白石氏は30年も前からこのヴァンデ・グローブを意識していたそうで、アジア人初の完走を目指し確実なセーリングを狙います。


しかし何が起きるかわからないのが外洋ヨットレース。前哨戦となった大西洋横断ヨットレース「TRANSAT NY-VENDEE」ではトップ艇団がクジラと衝突するアクシデントがありました。


支援を受けられないヴァンデ・グローブでは一つのミスが文字通り命取りとなってしまいます。



トラブル乗り越え、現在22位


100万人の観衆が見守る中、全艇がスタート。2万マイルの行程で船同士がここまで近くにあるのはこれで最後かもしれません。


スタートから6日後の11月12日、30ノット(約15m/s)を越える厳しい強風が吹き、白石氏はセールの一枚をロスト。それでもなんとか立て直し代わりのセールを上げます。



強風によって破壊されてしまったA7というセールはTRANSAT NY-VENDEEも一緒に乗り越えてきた思い入れのあるものだったそうです。

A7を壊してしまったのは本当に申し訳ない気持ちだ。ニューヨーク~ヴァンデレースに続き、僕をここまで運んできてくれたセールである。確か、この前のオーナーは世界一周していると思う。数々のセーラーの夢を乗せて、本当にお疲れ様でした。捨てはしません。今はゆっくり船の後ろで休んでくれ。一緒にフランスへ帰ろう。 同氏Facebookより

スポンサーリンク



大自然の中、1人で闘う白石氏へ声援を


2016年11月30日まで白石康次郎後援会が募金を募っています。レース資金の助けとなるだけでなく、1人で闘う白石氏へメッセージを送ることもできます。


また、Facebookでは白石氏から届くレポートが毎日更新されます。チェックしてみてください。