読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All For You

What you don't know is what you are to know

【大学受験対策】京大英語で77%とれたメモ

Sponsored Link

すでにある程度学習を進めている方向けの、京大英語の対策やコツを紹介するページです。

筆者はこのやり方である程度高得点を取れ、一年間の勉強で現役合格できたので、自分の学習法に自信を持ったり、見直すのに役立てば幸いです。

受験生は時間がない方が多いのでできるだけシンプルかつまとめてあります。


【追記】高1から高3冬までに取り組んだ京大英語の参考書を時系列でまとめたのでこちらもご覧ください。



単語帳は浮気するな

このフレーズを今までに何回か聞いたことがあるかもしれません。筆者もこの言葉の信者です。

実際にこなした単語帳はシス単だけです。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)


ただ、ひたすらやり込みました。どのページのどの単語を言われても1秒で答えれる程度まで暗記しました。

大事なのは単語を見たときその単語の持つニュアンスをイメージできるようになれるかです。

そこまで到達するには半年程度かかってもおかしくないでしょう。単語帳一冊一冊は非常に重いのです。

何冊も買ってもいいですが、少なくともまず一冊を完璧にしましょう。


英作文は毎日、少しずつ

筆者は英作文対策を毎日やりました。ただ机に向かって本腰を入れてやると膨大な時間がかかるし、答え合わせが簡単にできないし、他の勉強もしたい、ということで、机にはつかずに対策していました。

恐らく京大英語対策で一番伸びにくいのは英作文です。時間もかかるし、範囲も膨大すぎる、いわゆるコスパの悪い科目です。

そういったものにせっかくしっかり取り組める時間を割くのは効率が悪いと思います。

そう考えて(単語帳とは真逆ですが)合間の時間に色んな参考書を読みました。面白いほどシリーズやドラゴンイングリッシュなど。

CD2枚付 決定版 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本

CD2枚付 決定版 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

合間の時間にこれらを読み漁りました。あまり書くなどの作業はしていません。

そして一週間に数度だけ、京大英語の過去問を使って実際に英作文をしていました。


長文対策は過去問なしで

筆者はあまり早くから過去問を使って長文対策をしていません。夏休み明けから少しやり始め、冬休みに一番取り組みました。

京大の過去問は良問に溢れています。それをまだ知識も経験もない状態で消費してしまってはあまりにもったいないです。

まずはポレポレや透視図などからセオリーを学びましょう。秋くらいまではじっと我慢の期間です。

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

英文読解の透視図

英文読解の透視図





勉強は努力のベクトル

筆者は勉強の成果は努力のベクトル、つまり方向で決まると考えています。

どれだけ"頑張った"としても間違った方向に間違った量の努力を与えても結果は残念ながら出てきません。

なので結果を出すには方向と量を見極めることがとても重要になってきます。

筆者は受験生のときからこれを意識して勉強内容と方法を変えてきました。その最終的な結果を書いておくので、参考にしてください。