All For You

What you don't know is what you are to know

乃木坂46メンバー生田絵梨花の魅力とは?ミュージカル「レ・ミゼラブル」にも出演


こんにちは、こんばんは、青林@All4u876です。



2012年に結成されたアイドルグループ『乃木坂46』の初期メンバーの一人、生田絵梨花さん。いくちゃんの愛称で親しまれる彼女はいつも元気で明るい姿をファンに見せてくれます。



生田さんは歌やダンス以外にも、ピアノ演奏やクラシックバレエに堪能するなど多才さを発揮しており、かねてからの夢だった舞台女優としての活動も始めています。



ミュージカル『虹のプレリュード』で初の舞台主演を果たし、2017年5月には『レ・ミゼラブル』コゼット役で出演することが決定するなど、最近では舞台での活躍も期待されています。



乃木坂46のメンバーとしてアイドル活動に打ち込むのに加え、舞台女優としても才能を開花させている生田絵梨花さんの魅力を余すところなくご紹介したいと思います。それではどうぞ!

Sponsored Link



乃木坂人気メンバー、生田絵梨花のプロフィール


愛称 いくちゃん、いくたどん、えりか
生年月日 1997年1月22日
現年齢 19歳
出身地 ドイツ・デュッセルドルフ生まれ(5歳から東京)
血液型 A型
公称サイズ 身長160cm


生田絵梨花さんは1997年生まれ19歳、ドイツ・デュッセルドルフで誕生し5歳から東京へ。ばりばりの日本人です。



ファンの間での愛称はいくちゃん。「うどんが好き」という理由からバナナマン日村に「いくたどん」とあだ名をつけられ、それも定着してしまったなんて話も。



中学生の頃には、数学、クラシックバレエ、習字、英語、ピアノと多忙な日々を送っていました。そのときからミュージカルや舞台に興味を持っていたそう。



現役音大生 ピアノ専攻



生田さんが乃木坂46に加入したのは中学3年生のとき。大学受験に差し掛かると一度活動を中止し、受験勉強に専念、無事音楽大学に合格しピアノ学科で声楽とピアノを学んでいるそうです。



実際にピアノの演奏はすばらしく、乃木坂46がテレビ出演するときにピアノ伴奏を担当することなどがしばしばあります。





おもしろ可愛い生田さん


普段は明るく活発、可愛らしい女の子な生田絵梨花さんですが、たまに変なスイッチが入ってクレイジーな感じになってしまうこともあります。




画像は、「だし巻き卵」をアドバイスなしで自力で作れ、というお題に取り組んだ生田さんが生み出してしまったダークマター。敗因はIHを知らなかったことと出汁の取り方を間違ったこと。本人はあっけらかんとしています(笑)





こちらの画像は生田さんが生み出したオリジナルキャラクター、スフィンクスのスフィン君です。音楽以外のことはあまり得意でないようですが、なぜか自信は異常に感じられます。



ミュージカルで活躍、舞台女優の道も



現在乃木坂46の人気メンバーとして活躍中の生田絵梨花さんですが、子どものころから憧れていたミュージカルへの出演も増え、存在感を増してきています。



2012年、『16人のプリンシパル』の公演では投票の結果、全公演の3分の2で主演アリス役を務め、映画『ハンガーゲーム』ではルー役の日本語吹き替えを担当していました。



2014年に入ると、同年秋に公開されるミュージカル『虹のプレリュード』の主演に選ばれるなど、舞台活動が活発になっていきました。


ミュージカル『ロミジュリ』でキスシーン



活躍の場を広げる生田さんは、2017年にはミュージカル『ロミオとジュリエット』のジュリエット役を務めることが決定した際、

「ずっとやりたいと思っていた役。今演じられることが幸せ」

と伝えました。しかし、一つ問題が・・・。



アイドルグループの乃木坂46は鉄の掟として「恋愛禁止」をルールとして掲げていますが、なんとその『ロミオとジュリエット』にはキスシーンがあるそう。恋愛とはならないものの、ファンからの苦言は避けられないかもしれません。


ミュージカルへの強い思い


この件には困惑するファンも多くいますが、生田さんは

私自身はこの作品にアイドルとして参加するわけではないので、そこの部分はしっかり身を委ねたいと思うExcite news

と作品への強い思いを口にしていました。



愛するミュージカルに真摯な態度で向き合う生田絵梨花さんに期待の声も高まっています。


『レ・ミゼラブル』でコゼット役



2017年は『ロミジュリ』に加え、ミュージカル『レ・ミゼラブル』にコゼット役で出演することも決定しました。



この公演は『レミゼラブル』日本初演から30周年を記念しての作品で、キャストを改めてオーディションで選考することなり、無事生田絵梨花さんの配役が決まりました。



小さいころからミュージカルに憧れ、大学でもピアノ&声楽を学んできた生田さんは、今回の『レミゼラブル』には特に強い意気込みを感じているようでした。



小4で作品に触れ「いつかコゼット役を演じたい」と思っていた彼女は、

アイドル活動も『ミュージカルやステージが好き』という気持ちの延長線上にあって。乃木坂46のメンバーとして活動する中でも、『レミゼ』に出たいという気持ちは無くなるどころかますます強くなって消えませんでした - Natalie

と話します。


Sponsored Link



まとめ



乃木坂46人気メンバーとして多くのファンに愛される生田絵梨花さんは、アイドルと舞台女優、他にもピアノやダンスなど様々な才能を発揮しています。



『ロミジュリ』『レ・ミゼラブル』などビッグタイトルの経験も重ね、さらなる成長を遂げることでしょう。これからの生田絵梨花さんに期待しております。それでは!



こちらもどうぞ
www.a4u-spread.com

オリンピックのヨット、セーリング競技をわかりやすく解説。日本人選手も活躍中



こんにちは、こんばんは、青林@All4u876です。



みなさんは、オリンピックの競技の一つにヨット、セーリング競技があるのを知っていますか?



今年ブラジルで開催されたリオオリンピックでもセーリング種目はちゃんと行われていて、もう少しで日本人がメダルを取るところまでいきました。日本ではヨットはマイナー競技なのであまり放送されませんでしたが・・・。



日本だとあまり知られていないヨットもヨーロッパやアメリカではすごく人気があるスポーツなんです!



今回はそんなヨット、セーリング競技の魅力を少しでもわかってもらえるように、わかりやすい解説をしていこうと思います!それではどうぞ。


Sponsored Link



セーリング競技はオリンピック誕生とともにあった!

近代オリンピックの第一回目が開催されたのは1896年のアテネ大会ですが、なんとそのときから『セーリング』という競技があったのです。



その大会では天候が悪くレース自体がキャンセルされてしまいましたが、以後ずっと続いているオリンピックの歴史とともにセーリング競技は行われてきました。



日本人には親しみのないスポーツですが、長い歴史と根強い人気がセーリングにはあるんですね。


セーリング競技ってなに?

セーリングは、

帆(Sail)の表面を流れる風によって生ずる揚力を主な動力として、主として水上を滑走すること又はその技術を競う - セーリング

競技のことを指します。



「ヨット競技」「セーリング競技」の意味の違いはあまりなく、どちらも帆を使った競技のことを指しますが「セーリング」と言うのが最近のトレンドです。



とりあえずを使う競技はすべてセーリングと考えれば大丈夫です。


セーリング競技は種類がたくさん

一口にヨット・セーリングと言っても、乗る船の種類はたくさんあります。リオオリンピックを振り返ってみても合計で8種類、男女別のものを考えると10種類以上のヨットが別のレースとして存在します。



例を挙げてみます。


470級




ヨンナナマル級と読みます。ヨットの全長が470cmなのが名前の理由です。特徴はすごく速いのと、画像にも写っている「スピン」というフワッとした3枚目の帆(セール)を出し入れすることです。


49er級




フォーティーナイナーと読みます。このヨットは水の上を飛びます。水中翼(フォイル)というもののおかげで、470よりもさらに速く、水の上を滑走する近代的なヨットです。


RS-X級




日本ではウィンドサーフィンと呼ばれるRS-X級、これもセーリング競技の一つです。自分の筋肉のみで帆を操るので、他にはないパワー感が特徴的です。


Sponsored Link



ヨットレース、セーリング競技ってどう闘うの?

大会によって細かい差はありますが、オリンピックではおおよそ次のようにレースが展開されます。



①5分前からカウントダウンが始まる



(S)をどでかい船だと思ってください。レースをスタートするにはこの間のラインを通らなければなりません。5分より前に切ってしまうとリコール(フライング)となります。


②5分後、一斉にスタート



スタートラインを切ったら、すべての船は(1)を目指します。



③(1)と(2)を2周する



2回ずつ(1)と(2)の周りを回ります。


④ゴールを目指す



2周が終わったら、フィニッシュラインと呼ばれるゴールを目指します。



どうやって差がつくのか


ヨット、セーリングはものを扱うスポーツです。どれだけ船とシンクロできるかで、船のスピードはだいぶ変わってきます。


ただ、単純にスピード勝負というわけではなく(オリンピック選手はスピードが頭打ちしていることもある)、どういったコースを引くかで順位はだいぶ変わってきます。



というのも、ヨットなどのセーリングスポーツは風を使う競技なので風が吹いて来ている方向へは進めません




ジグザグに進む必要があるので、(1)のところへたどり着くためのコースは人それぞれ、無数に存在します。



その中で、良い風が吹いているところやより速く進めるところを目指すことで最初はまとまっていたヨットも徐々に差がついていきます。


Sponsored Link



ヨットレースはここが見どころ



スタート



ヨット、セーリング競技は陸上競技と違って「自分のスタート場所」が決まっていません。カウントダウンの間で自分自身が作り出さなければならないのです



なので、みんな必死になって並びます。5分間の中でどれだけ良い場所を確保できるかという闘いがすでに始まっています。



オリンピックは(当たり前ですが)非常にレベルが高いので、一見して何も起こっていないようでも裏では激しく駆け引きが行われていたりします。


(1)や(2)に船が集まってくるとき


先ほども言ったように、ヨットレースのコースは人によって様々です。右に行ったり左に行ったり、まったく違う方向を目指しているのに、最後にはまた集まってくる。



面白いのが長距離を進んできたのにそこまで差がつかなかったり2周目で大きな差を一気に縮めたりするのがよく起きるんですよね。



速い選手は風を読む能力がすごいのかもしれません。


フィニッシュ

フィニッシュでは、余裕の1位もあれば、バチバチの激戦で終わることもあります。



メダルがかかったレースでフィニッシュ後感極まって海に飛び込む人がいたり、フィニッシュ直前で転覆してしまう人もいたり。



フィニッシュにはたくさんドラマが詰まっています。



まとめ


日本ではまだまだ馴染みのないセーリング競技も覗いてみると、こんなに奥が深い世界が広がっています。



この記事を読んでもらえたのも何かの縁なので、興味があればさらにヨットのことを知ってみてください!東京オリンピックでもヨットレース、セーリング競技は絶対にあるので!それでは!

ガキ使「笑ってはいけない」おしり叩きが吹き矢だった時代の方が面白かった?



こんにちは、こんばんは。青林@All4u876です。



年末といえば、ガキの使いやあらへんでの特別番組「絶対に笑ってはいけない◯◯」が大晦日の風物詩ともなっていますね。



事あるごとにネタが披露され、少しでも笑ってしまうとおしりを叩かれる・・・これ、ひと昔前は、罰ゲームが「おしりに吹き矢を刺される」だったの知っていますか?



ひと昔というか、まだ「笑ってはいけない」シリーズがガキ使の中で生まれたばかりの時ですね。吹き矢ガチで刺さってます。



それに比べて最近の罰ゲームはあまり痛くなさそうな・・・。もしかして、昔の方が面白かったのでは?という疑惑が浮かびます。


Sponsored Link



おしりたたき、本当に痛いの?

まず、現在の「笑ってはいけない」の罰ゲーム「おしり叩き」は本当に痛いのか?について。



実際に叩かれたことのある日テレ関係者が言うには、

「ゴムのような柔らかい素材で、予想通りでしたが、パーンという音の割には痛くないです。ただし、叩かれ続けるとそれなりの痛みになってくるくらいの、はっきりとした衝撃はありますよ。それよりも怖いのが叩かれるまでの微妙な“間”ですね。いつ叩かれるのかわからない感じが怖い。演者たちはもう慣れているのかもしれませんが、私にはフィジカル的な痛みよりもあの心理的ストレスがきつかったです」

とのこと。




おしり叩き痛くなかったのか!



番組を見てる分にも、やけにグニャグニャしているなとは思っていましたが、アレ痛くないのか・・・。



ちなみにこのお尻を叩く棒は『おしおき棒』として商品化されていました。




痛そうなおしり叩きもあった

笑ってはいけないシリーズ第2回目の『浜田・山崎・田中罰ゲーム 笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原』では、この企画が全員参加になる前のもので、「笑ってはいけない」に参加すること自体が罰ゲームでした。



そのせいか、笑った時の罰ゲームは今よりもハードで、明らかに痛そうなものでケツをぶっ叩いています。





動画では、浜田が本当に痛そうにしている様子が見られます。



その緊張感からか、笑うのをこらえる姿も真剣そのもの。本当におしりを叩かれるのを嫌がっている感じが伝わってきますね。



あれ、こっちの方が面白いんじゃ・・・。


おしりに吹き矢を刺される時代があった

超痛そうなおしり叩きからさらに遡って、笑ってはいけない第一回目『松本チーム罰ゲーム 絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅』を見てみると、なんと笑った時のペナルティーが「吹き矢」





YouTubeに1回目の動画がなかったので画像しか用意することができませんでしたが、奥でパンツ一丁になっているのが山崎で今まさにおしりに吹き矢を撃たれる瞬間というシーンです。



この瞬間山崎は、
「やめてえええええええええ!!!!!」
と絶叫。



悲痛な叫びも虚しく、プスっとおしりに撃ち込まれていました。これがまた痛そう。刺さった直後は抜くこともできずにしばらく悶絶している姿が。



この回では、もはや以上な緊張感が場を包んでいて、皆生き残るために必死、という感じがしました。



でも、芸人が必死になればなるほど、テレビで見ているこっちは面白いんですよね。今とはだいぶ違う雰囲気を味わえます。


蝶野のビンタだけは今も痛そう

過去のシリーズを遡ると、今とはだいぶ違う痛みのレベルだったことがわかりますが、今でもめちゃくちゃ痛そうなのが蝶野のビンタ



まぁ受けるのは山崎ぐらいなんですが、あれだけは未だにみんな本気で嫌がってそうです。



今年は一体誰がビンタされるんでしょうか?また山崎ですかね。


Sponsored Link



まとめ


今回は笑ってはいけないシリーズのおしおきを遡ってみました。記事をまとめると、

  • 今のおしり叩きはあまり痛くない
  • 第2回目のおしり叩きはだいぶ痛そう
  • 第1回目のおしり吹き矢はとんでもなく痛そう
  • 緊張感に包まれている方が面白い
  • 蝶野のビンタは今でも痛い

でした。それでは!

一般人のブログ収入はいくら?アフィリエイトで月10,000円以上は6.5%



こんにちは、私ブロガーの青林@All4u876と申します。



ブログを始めてまだ2ヶ月の超新参者です。ただの一般人で、ましてやブログに専念しているわけではありませんが、将来的にはブログで収入を得ることができないかと考えています。みなさんの中にも、ブログやコンテンツマーケティングを始めたばかりだけれど、お金を稼げるようになりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。



しかし、周りを見渡してみると、ブログでウン万、ウン十万儲けている人たちはごく少数しかいません。そんな中、こういった疑問が湧いてくると思います。


  • アフィリエイトは長年やってきた人しか稼げないんじゃないか
  • いまから始めても間に合うのか


周りで稼いでる人たちは長らくブログをやってきた人たちばかりに見えます。私たちはその中に混ざることはできるのでしょうか。この記事でこれらの疑問に答えようと思います。


Sponsored Link



月額アフィリエイト収入が1万円以上なのは全体の6.5%

毎年、“アフィリエイト・ビジネスの調査”を目標とした団体 日本アフィリエイト協議会が、同ビジネスを行なっている人にアンケートを取り、調査結果を発表しています。



同団体は、アフィリエイト収入を得ている一般人3,000人にアンケートを取り、適切なサンプルを抽出し、信頼の置けるデータを提供しています。




そのデータによると、月額アフィリエイト収入が5,000円未満の人は84.4%を占めています。



逆に、10,000円以上稼ぎ出すような人は全体の6.5%しかいません。月30,000円以上は3.0%だけです。



「ブログで収入を得ている」と言うなら少なくとも月2〜3万円、最低でも1万円は欲しいところなのに、そうなるには上位数%に食い込まなければなりません。


アフィリエイト市場は古参者ばかり


この状況に加え、アフィリエイト・ビジネスを行なっている人の中では、長年やってきた人の割合が一番多いというのが現状です。





日本アフィリエイト協議会のデータによると、一般人で、アフィリエイト・ビジネスを始めて1年未満の人は全体の13.4%で、残りの86.6%の人は2年以上経験しているのです。



ここからわかるのは、1年以上継続してアフィリエイトに取り組める人はごく少数しかいないということです。


新規参入は大変な道のり


これらのデータをみると、ただの一般人が新たにアフィリエイト・ビジネスに参入するのは絶望的なのではと感じられます。



数万円稼ぐ人は超少数である上に、すでに長年やってきた人たちがほとんどの割合を占めている状況に、われわれ初心者たちがブログ収入を得るチャンスはあるのでしょうか。



ここで最初に挙げた質問に答えようと思います。


Sponsored Link



アフィリエイトは長年やってきた人しか稼げない?


答えはYes、ただし部分的に、です。



一般人がブログやYouTubeの動画など、自分で産み出したコンテンツでお金を稼ぐことをコンテンツ・マーケティングと言います。



コンテンツ・マーケティングにおいては、「あの人の記事が読みたい」「あの人の動画が見たい」と思わせ、自分の存在感を高めるブランディングが必要になってきます。



これにはどうしても時間(数ヶ月から数年)がかかってしまいますし、長くやってきた人の方が有利なのは確かなことです。



また、メジャーな分野に関しては一番乗りした人たちが独占しているパターンが多いです。



例を挙げるならば、10年前くらいに生まれた2chまとめサイトとかですね。2chまとめが生まれたばかりのときに始まったサイトは大御所になって今も存在し、今から始めようとしても競合相手が多すぎる・・・。



そういった分野は確かに、長年続けてきた人たちが有利ですが、私たちにもチャンスはあります。それは、現在も市場は大きくなり続け、新たなニーズがどんどん産み出されているからです。



次の質問の答えとまとめて詳しく書きます。


今から始めても間に合うのか

答えはYesです。圧倒的、Yesです。



現在、アフィリエイト市場規模は成長し続けており、またこれからも大きく成長する見込みがあるのが一番の理由です。Cyber Agentが発表しているデータを見てみます。




媒体別広告費の推移




インターネットにおける広告費は2005年以来2倍に達しており、これからもさらに2倍、3倍と大きくなっていくと予想されます。これには、

  1. ネット通販市場自体大きくなってきている
  2. SNSの発達、新たなデバイス、IoTの登場により、インターネットの重要度がさらに上がる
  3. 一般人の体験談などが広告として効果が高い

ことが理由に挙げられます。


市場規模はどんどん拡大している

アフィリエイト・ビジネスの市場規模は今なお大きくなっており、それに応じて新たなニーズも生まれてきます。



2倍、3倍と膨れ上がる市場を見て「新参者の場所はないのか」なんて思わないでください。



アフィリエイトは長い目で見たらまだ生まれたばかりのビジネスで、まだまだ成長の余地があります。



大きくなる市場からそういったニーズをいち早く察知することができれば、一般人でもブログ収入を得ることは可能になってきます。


Sponsored Link



まとめ


最後に改めて、最初の質問とその答えを書きます。



アフィリエイトは長年やってきた人しか稼げないんじゃないか
Yes、だけど新たなチャンスはどんどん産まれてるよ


いまから始めても間に合うのか
圧倒的にYes!数百億、数千億円のお金が埋もれてるよ


最後に、


アフィリエイトで稼げるのか
Yes!だけど楽な方法はないみたい



3万円以上アフィリエイト収入を得ているひとは毎日4時間は作業しています。それでは!